仲介手数料分の仲介業者の仕事

仲介手数料分の仲介業者の仕事の話

09 3月
コメントは受け付けていません。

仲介手数料分の仲介業者の仕事

仲介手数料分の仲介業者の仕事

仲介手数料を成功報酬として成り立っている仲介業者の仕事は、そもそもどんなものなのでしょうか?仲介業者によっては、良心的な仲介手数料額を請求しているところもありますし、反対に、高額過ぎではないか?というような不安な業者もあります。

それぞれの業者によって、サービス内容や、手数料額に差はありますが、上限は法律上で定められていますので、不当であれば、お客様でも気付く事はできます。

業者によっては、手数料の金額を、満額請求するところもあれば、サービス内容が充実しており、手数料を最低限に抑えてくれている業者もあります。

仲介業者選びも慎重になってみるといいですね。

手数料というものの、高額なので、信頼できる仲介業者に頼むようにしましょう。

満額請求する業者の中には、広告費用などにもコストがかかっているというところも多いようです。

信頼できる仲介業者の例には、説明が細かくて丁寧、また、買主側にとって有用な情報を提示してくれる、または買主側の要望や問い合わせに早急に対応してくれる、十分な価格説明、自社の短所やデメリットも教えてくれるなどが挙げられます。

仲介手数料をサービスしてくれる会社

仲介業者によっては、仲介手数料が無料だったり、半額だったりと、とにかくお客様にとって大変お得な内容を強みにしている会社もあります。

しかし、仲介手数料が無料であったり、安いと、それもそれで不安な気がしますよね。

仲介手数料が安いあるいは無料なのには、何か落とし穴があるのでしょうか?例として、ある会社では、広告などによる宣伝を一切自社で行っておらず、宣伝は他社に任せているところがあります。

そのため、広告代金などの費用が発生せず、手数料もその分安く済むという理由が挙げられます。

また、買主側から一切手数料を請求しない事もあります。

この場合、売主側から手数料を得るため、買主側からの手数料は不要となります。

仲介手数料の話

売主が関わらない場合には、買主側に手数料を請求しなければなりませんが、その場合でも、30%オフなど、良心的サービス内容を打ち出しています。

手数料の内に含まれる宣伝費用は、意外にも高く、これが原因で手数料が跳ね上がる事があるのです。

しかしこの会社は、チラシ配布や広告活動など、宣伝費用をかけていないので、手数料のサービスが実現できるわけですね。

 
Comments are closed.